情報開示のポリシーを決める

経営の効率化を考える上で、最初に決めておくべきにも関わらず経営者の頭で曖昧に決めてしまったりしがちなのが、社内の情報をオープンにするか、しないかという問題です。
基本的に、会社の情報をオープンにしてスタッフに共有すればするほど、コミュニケーションや情報共有の手間やコストが減っていきます。
一方で、全ての情報を開示してしまっていると問題が起きる可能性があるものもあります。
  • 主力製品の製造方法
  • 顧客情報
  • 従業員の給与
  • 財務内容
など、会社によって社外秘にしたい事項や、社内でも制限の必要があるものはあると思います。
大切なのは情報の開示範囲を決めておくことで、区切りを明確にしないまま秘密を増やしてしまうと、これは出してよいのかどうかという議論が毎回起きてしまい業務の停止(スタッフのストレスや時間の浪費)につながってしまいます。
まずは制限をかけるべき事項を明確にし、それ以外の情報は社内には開示してしまうことによってスタッフのストレスと時間のムダを大幅に軽減することができます。
制限をかけるべき事項はなるべく最小限にして、共有する相手や部署を明確に決めておくことが大切です。
これはシステムや会議などの体制にも関わってきます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*